30代になってからのニキビ対策について

思春期ごろからのお肌の悩みといえばニキビが代表だと思いますが、30代になってからのニキビは若い頃とはちょっと違うな?と感じます。
今回はこの大人のニキビの悩みについて考えてみたいと思います。

http://www.oneferryplaza.com/

まずはニキビが出来る場所についてです。
思春期の頃はおでこやTゾーンと呼ばれる箇所によく出来ていたことを覚えています。皮脂の分泌が多くなって毛穴が詰まることが原因です。
では、30代になってからはどうかというと、顎のラインと口周りにニキビができることが多い気がします。気がするではなく、確実にそうだと思います。実際に先週末には顎のラインに大きなニキビができてしまいました。原因は何かと考えた時、皮脂の分泌だけが問題ではないと感じます。なぜかというと、その頃ファンデーションを新しいものにしてお化粧を楽しんでいました。自分ではしっかりメイク落としを使ってケアしていたつもりですが、おそらく洗い残しがあり、それが原因となったと思っています。

では、30代のニキビ対策はどのようにすれば良いのか考えてみます。
1.メイクはしっかり落とし、ダブル洗顔をする。
ファンデーションなどの化粧品には油分が多く含まれているので、メイク落としを使うだけでなく洗顔料でもしっかり洗い汚れを落とすことが大切です。
2.バランスの良い食生活を心がける。
毎日の食事は野菜やタンパク質など偏りのないように意識して選ぶことが大切です。特にビタミンB群とビタミンCは不足しがちなので意識して摂るようにしたいものです。
3.適度な運動をする。
30代になると若い頃に比べて代謝が落ちてしまうので、意識して汗をかく程度に運動をする習慣をつけることが大切です。汗をかくと毛穴の奥から汚れも一緒に流れ出ます。

この3点に注意しながら生活するようにしたいですね。
ニキビの悩みから解放される日が少しでも早く訪れるように、今日からでも出来る対策をしていきましょう。