踏み台昇降ダイエット

私が3か月で7kg痩せたダイエット方法は、踏み台昇降運動です。ベルミススリムタイツ

みなさん、踏み台昇降と言われるとどんな内容を思い浮かべますか。

階段を昇るようなキツイ運動ではないだろうか、場所が限定されるから気軽にできない運動ではないだろうか。

心配されるその気持ち、よく分かります。

けれど、実際の内容はとても簡単です。

箱にいらない雑誌や本などを詰めて、テレビやスマホなどながらダイエットが可能なのです。

それに、続けることで少し長めの階段も苦しくない。

急いでいる時に走っても息苦しくない。

体力づくりにもなって、ささやかな嬉しさのおまけがありますよ。

踏み台昇降の準備をしましょう。

まず、人ひとりが乗れるぐらいの縦と横のサイズがある箱を用意します。

このとき、段ボール箱だと準備も処分もお手軽です。

箱の中に先述した雑誌や本を詰めます。

膝と足首の距離を1とすると3分の1ぐらいがちょうどいい高さです。

あまり高くしすぎると膝に負担がかかってしまいますし、低くしすぎるとダイエットの効果が薄れてしまいます。

箱の中に詰め終わったら、あとはガムテープで補強をしていざ踏み台昇降。

箱の用意が難しい場合は、通販サイトで踏み台が手ごろな値段で手に入ります。

初めは15分程度で自分ができそうな時間を知るところから始めましょう。

集合住宅で暮らしていても、箱を昇って降りての繰り返しです。

ジャンプやかけ足などでやる必要はないので、騒音トラブルの心配もなく安心です。

5分ぐらい運動を続けたら、心拍数を図ってみましょう。

1分間に120ぐらいの心拍数が長く続けられる目安です。

それ以上を求める方は、少し上り降りのテンポアップで強度を上げていきましょう。

くれぐれも、段差を高くしすぎてはいけませんよ。

また、前に進んで昇って後ろに下がって降りるの動きは問題ありません。

ただ、前に降りて後ろに上るの動きは腰や膝に負担がかかるため避けましょう。

健康を保ちながらダイエットするためには、長く飽きずに続けられることが何よりも大事です。

思っていた以上に汗をかくので、タオルや水分補給はお忘れなく。

今から運動すれば、夏には来たかった洋服も余裕で袖が通せますよ。

苦しくない運動で健康的に痩せられる踏み台昇降運動。

早速始めてみませんか。