「ニキビ」の原因は実は意外なアレだった!?

お肌の悩みといえば、ニキビ…!ニキビは美容の天敵ですよね。
そんなニキビができる原理として「皮脂」や「アクネ菌」などという言葉を耳にしたことがあると思います。それらを耳にしたことによって、お顔の皮脂を一生懸命洗い落としたり、アクネ菌を殺菌する薬品を買ったりというような対処をとる方が多いと思います。しかし、それよりもよりニキビに効くのが意外な「保湿」です。

ネオちゅらびはだの効果や販売店での取り扱い状況を全解説!私の口コミと評価が衝撃的?

一見、ニキビは皮脂や肌の汚れの繁殖によるものであって、「保湿」よりも「洗顔や殺菌」の方が大切に思えます。しかし、ニキビができる要素である皮脂が過剰に分泌されてしまう原因が「乾燥」なのです。顔に皮脂が多く分泌されている「テカリ肌」の人は肌が乾燥しづらい体質だと思い込んでいませんか?実は顔に皮脂が多い原因こそが「乾燥」によるものなのです。つまりニキビの根本的な原因は「乾燥」によるものが大きいのです。

では、乾燥を防ぐために大事な「保湿」でニキビを減らすにあたって重要なことをお伝えします。まずは保湿をする前に洗顔料でしっかりとお顔をきれいにします。ここで注意すべきことは「過剰に肌を擦りすぎない」ことです。お肌をきれいにしようと考えすぎてしまうと、かえってお肌が乾燥してしまい、例えニキビに効く洗顔料を使っていても肌が乾燥してしまえば皮脂は過剰に分泌させ、ニキビが再び発生してしまいます。1日に2回ほどの洗顔を心がけ、過度に洗いすぎないように注意しましょう。

そして洗顔後は「すぐに」化粧水などで保湿します。お高い保湿グッズを使うよりも、とにかくすぐに保湿することが大事です。
これらを実行するだけで、「様々な洗顔グッズや薬品を試したけど効果があまり期待できなかった」という人の中でも、ニキビが減る人は多くいるのではないでしょうか。
家にある洗顔料と化粧水だけで図具に実行することができますので、ぜひお試しください。