髪の悩みはつきません

 髪の毛の悩みは年齢それぞれでまた変わってきます。若いころからずっと髪の毛は長い時期が多い私です。3年前に初めて髪の毛をドネーションして以来バッサリ切っては伸ばし切っては伸ばしを繰り返しています。

http://biltmorekiwanisclassicrace.com/

ドネーションに必要な長さは切った部分が30cmも必要です。しかも人に役立たせる髪の毛にするためには綺麗で丈夫な髪の毛でなければなりません。
 出産した後から私の最大の悩みは抜け毛でした。暫くは授乳してたこともあり、ホルモンバランスの影響で本当に驚くほど髪の毛が抜けました。そして元からそこまで髪の毛が多くなかったので、全体的にボリュームがなくなりぺったりと少なくなった印象になりました。もしかしてはげるのではないかと心配になりました。

そこで始めたのが生活改善です。シャンプーも頭皮に優しいノンシリコンシャンプーとノンシリコンリンスに変えました。食生活もより髪にいいものをとるよう意識しました。髪の毛はたんぱく質が主成分なので、今まで好きではなく食べなかった納豆を食べたりもしました。朝は豆乳を使ったりビタミンB2やミネラルなどを多く含むものを食べてみたりしました。

 続いて年齢とともにつやがなくなってパサパサした髪の毛が気になっています。その為リュミエリーナというメーカーの「傷まない、広がらない、パサつかない魔法のドライヤー」を使いはじめました。

今までより髪の毛を洗ったら自然乾燥をしていました。しかし濡れた髪の状態では雑菌もわきやすいとききドライヤーで濡れた内に乾かすことにしました。ドライヤーで髪質が変わるとはにわかに信じていませんでしたが、ずっと使用していると朝起きたときにツヤ感やサラサラ感が違うように思います。
 今後も悩みと付き合いながらいろいろ試してみたいと思います。

昔からのニキビの悩み

子供の時からニキビ肌で毛穴が目立ちます。顔だけではなくて背中や首、胸のあたりまでくることがありました。学生の時は洗顔をしていたら治ると思っていましたがよくならず気になってニキビの白い芯をつぶしてしまい新しいニキビが出来なくなっても跡が残ってしまいました。

http://ari-peru.org/

それからは薬を塗ったりしましたが体調が悪かったり生理の時、ストレスを感じるとすぐ新しいニキビができの繰り返しで今も治っていません。食事を気を付けたりもしましたが長く続かず皮膚科に行く勇気をありません。

ネットで調べたりしてよさそうなものはありましたが値段が高くて試すのを戸惑います。ニキビと同じく悩んでいるのが毛穴です。汚れと思ってきれいに洗ったり化粧水をつけたりしてマシにはなりましたが手で顔を触ってしまう癖がありそれも原因の一つをおもいますが普段からあまり化粧をしないので目立ってしまうのが悩みです。

昔は鼻パックをよくしていましたが大人になってからあまりよくない事をしり後悔しています。

子供の頃にもっとネットが普及していてなんでも自分で調べるとこができたら、親に悩みを言っていればどんなに気持ちも楽だったかといまでも思います。ニキビ、毛穴の悩みが消えないまま次に来るシミ、しわ、たるみに立ち向かいたいです。

体重を減らすのに減塩が大事って知ってた?

ダイエットというと、いろいろな方法が思いつきますが、食事に絞ればカロリー、脂質、糖質を押さえるのがメインですよね。
でも、実は塩分も控えたほうが体重が減りやすいってこと、知っていましたか?
塩分が取りすぎるのは高血圧など健康にも大いに悪影響がありますが、ダイエットにも絡んでいたとは…!

極み菌活生サプリ

もちろん、塩分(ナトリウム)は体内の細胞を正常に働かせるために必要不可欠な成分。
しかし、何事にも適量というものは存在します。
塩分濃度が高くなりすぎると、体が危険と判断して塩分を薄めようと働きかけます。
何で薄めるか。
もちろん水です。

塩辛いものをたくさん食べると喉が渇くのは、体が欲するからなんですね。
本来なら不必要な水はおしっことして排出されるのですが、体内の塩分濃度が高いとそのまま保持されてしまいます。
そしてダイレクトに体重に反映される、と。
水を飲んでも太る!という方は、塩分過多を一度疑ってみるべきでしょう。

体重は増えたとしても脂肪が増えるわけではありませんが、むくみにも影響を与えます。
むくんだ体だとフィット感のある洋服がうまく決まりませんしね。

気をつけたいのはダイエット中のメニュー。
おやつでおすすめされるアタリメや燻製のお肉類、おしゃぶり昆布って結構塩味がきついですよね。
こんにゃくを使った料理もにおい消しの成果塩辛い!
つまり、ダイエットのつもりでこれらを頻繁に食べていると水太りしやすくなるかもしれないんですよ。
何事もバランスが大事なんですね。

夫の薄毛はこの生活習慣にあった!

夫は40歳を過ぎたあたりから急にM字型の薄毛が目立つようになりました。

特に私からは何も言いませんが、本人は多少なりとも気にしている様子。

いいかも、と思った育毛剤を試したり、髪に良さそうなシャンプーを

買ってきては試しています。ファーサ育毛剤の効果

しかし、毎日努力しているのになぜか全く成果があらわれません。

むしろ、薄くなっていく一方です。

これはどういうことだろう、と本人は首をかしげていますが、

原因は根本的な生活習慣にあるのだとハッキリ言えます。

それは、夕飯を食べてそのまま夜中まで「うたた寝」してしまうことです。

夜中の3時過ぎにリビングで目を覚まし、それからお風呂に入るのです。

肌の回復機能をしっかり働かせるためには22時から2時までに

いい睡眠をとることと、頭皮環境を良くしておくことが必須なのに、です。

全くの真逆のことをしている人が、いくらいい育毛剤やシャンプーを使ったところで

効果が出ないのは当たり前と言えます。

シャンプーをしないで頭皮が脂まみれの状態で頭皮環境回復の時間を迎えても

頭皮の状態が良くなるわけがありません。

そのことを夫に話したところ、早い時間に頭皮を清潔にして、しっかりベッドで

寝るようになりました。

そんなすぐに髪の毛が復活するわけはありませんが、頼りなさげに生えていた

髪の毛は多少元気になってきた気がします。

いい育毛剤の前に、いい睡眠が大事だということがわかったようです。